弁護士を使うメリット

交通事故相談において、弁護士事務所に相談するのはメリットがたくさんあります。もちろん、裁判基準での示談金や慰謝料の算定になりますのでもらえる金額が多くなるということはもちろんですが、それだけではありません。メリットとしては相談して弁護士に仲介してもらうだけで、煩雑な事務手続きが簡単に終わることがあるからです

慰謝料たとえば、後遺障害の申請や事故に関する警察のやり取り、そして診断書の作成や休業補償の作成などといったことについても複雑でわからない場合弁護士に一任できます。それだけでなく、保険会社との示談交渉や慰謝料の交渉、過失割合などについても当事者が交渉するよりもよりスムーズにしてもらえます。そのため、交渉がスムーズに進みます

特に、加害者と揉めたら裁判ということも交通事故においてはよくあることですが裁判は手間や費用も掛かりますし、精神的にも負担が大きくなります。ですが、弁護士だからこそ裁判以外の若い方法を提示してもらえます

また、弁護士が事務手続きをすることによって後遺障害などの等級を算定してもらうことが比較的容易になることもあります。このように、弁護士に相談することで被害者の身体的精神的負担を減らせます。