交通事故被害を弁護士に相談

交通事故被害を植えたら、通常のイメージであれば、保険会社にてその損害を担保する形になると思われます。しかしながら、被害を受けて仕事などを休んだり、日常生活に支障が出たり後遺症が出たりしたにもかかわらず、思ったような慰謝料や損害金を支払ってもらえないことも少なくありません。

保険会社は、自社の利益が優先されますので一般的に最低限の保障しかしてくれません。被害を受けた場合は、加害者がどのような保険に入っているかということも、受け取ることが出来る額に関わってきます。

相談弁護士であれば、適正な賠償金額にて賠償金を支払うのに役立ちます。高い弁護士費用を使ってまで・・・と思う人も多いかもしれませんが、弁護士費用は賠償金を支払ってもらってからその一部、という体系にしているところも多いです。また、保険会社との交渉がうまくいかなくなってあとからトラブルになるよりも、あらかじめ弁護士に相談しておいた方がスムーズです。

特に、交通事故の刑事事件は、被害者が刑事事件に参加し意見を述べることが出来るという被害者参加制度があります。そのような制度に参加し、アドバイスをしてくれたり代理人として出席してくれるのは弁護士だけだからです。

最近では、交通事故に強い弁護士も増えてきていますし、所得に余裕がない人でも利用できる法テラスの制度などもあります。複雑な交渉ごとになったり過失割合で双方の言い分が違っていたりすると、やはり交渉が難航しますので弁護士にお願いしたほうがよいです。