弁護士に相談する理由

交通事故被害において、保険会社の提示してくる示談金や慰謝料は、必ずしも相場の金額とは限りません。実は、交通事故損害に関しては、自賠責基準、任意保険会社基準、裁判基準という3つの基準があり、どの金額で示談するかについては保険会社によるところが大きいからです。

自賠責基準自賠責基準とは、運転者が強制的に加入を義務づけられている自賠責保険から支払いを受ける金額を基準とするものであり金額は最も低くなります。自賠責基準によって安易に示談をすると保険会社の利益は大きくなりますが、受け取ることが出来る示談金や慰謝料は少ないです。

次に、任意保険会社における支払い基準は、自賠責基準のような法的な拘束はありませんがやはり裁判で示す基準よりは低いです。にもかかわらず保険会社は最高基準と言うことがありますので注意が必要です。

最も高い交通事故の慰謝料や示談金の基準としては、裁判基準が挙げられます。これは裁判をした場合に見込まれる支払い基準であり、これが本来の適正な賠償基準になります。弁護士に交通事故相談をお願いした場合、裁判基準により慰謝料や示談金が支払われることが多いですので、保険会社の提示する金額より増額する可能性もあります。